1. <source id="w15ep"></source>
    <mark id="w15ep"></mark>

    1. <sub id="w15ep"></sub>

      產品資料

      RSK 150*0.02 日本水平儀 542-1502 日本理研 150mm 條型水平儀

      如果您對該產品感興趣的話,可以
      產品名稱: RSK 150*0.02 日本水平儀 542-1502 日本理研 150mm 條型水平儀
      產品型號: 150*0.02
      產品展商: 日本新瀉理研RSK
      產品文檔: 無相關文檔

      簡單介紹

      RSK 150*0.02 日本水平儀 542-1502 日本理研 150mm 條型水平儀


      RSK 150*0.02 日本水平儀 542-1502 日本理研 150mm 條型水平儀  的詳細介紹
      日本RSK 原裝日本進口水平儀
      Stock No. 542

       

      本體は上質鋳鉄製(FC25)で完全なるシーズニングを施し、精密
      ラップ仕上に依り高精度を保持しています。底面は平面及び、V面
      共精密仕上を施してあります。
      主として機械組立等に用いられ一般工作用としては*適です。


      製作寸法
      サイズ(㎜) 100 150 200 250 300  450  600
      感度 1種 0.02( 4秒)
      2種 0.05(10秒)
      3種 0.1?。?0秒)
      重量(㎏) 0.8 1.3 1.7 2.3 2.8  4.5  6.0


      社內規格 
      社 內 規 格

         精密水準器(平形 一般工作用)

      1.適用範囲

         此の規格は、當社で製造する精密水準器(一般工作用)について規定する。

      2.種類

         精密水準器の種別は気泡管により下記の3種類に分ける。


                      

       

       

      感   度

      0.02MM/1M

      0.05MM/1M

      ?。埃保停停?M 

       


      (注)感度とは気泡管の気泡を1目盛偏位させるのに必要な傾斜をいう。

         ※尚、感度の特殊品製作も該當する。


      3.形狀及び寸法

      呼び

      100

      100

      48(±0.5)

      45(±0.2)

      150

      150

      48(±0.5)

      45(±0.2)

      200

      200

      48(±0.5)

      45(±0.2)

      250

      250

      48(±0.5)

      45(±0.2)

      300

      300

      48(±0.5)

      45(±0.2)

      450

      450

      52(±0.5)

      50(±0.2)

      600

      600

      52(±0.5)

      50(±0.2)


      4.外観及び構造

      4-1.各部はいずれも強度で耐久性のある良好な材料を用い體裁が優美であること。

      4-2.底面の仕上は(表面アラサ)3-Sとする V溝の角度は150°として底面対V溝の平行
          ?。埃埃瞞m以內とする。

      4-3.主気泡管と直角に副気泡管を備えること。
         主気泡管の調節が出來る様、調節裝置を備え調節裝置の作動は良好であって主気泡管に
            ヒズミを生じないこと。

      4-4.主気泡管の目盛は約2mmの等間隔に目盛り次の図の様とする。



      5.性能

      主気泡管の指示精度は次の通りである。

      全範囲精度±2.0目盛以下とする。

      產品留言
      標題
      聯系人
      聯系電話
      內容
      驗證碼
      點擊換一張
      注:1.可以使用快捷鍵Alt+S或Ctrl+Enter發送信息!
      2.如有必要,請您留下您的詳細聯系方式!

      粵公網安備 44190002002520號

      相泽南亚洲一区二区 <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <文本链> <文本链> <文本链> <文本链> <文本链> <文本链>